泥庭

2010年10月15日

デザイン時のプロパティー

Filed under: WPF — タグ: — yone64 @ 5:08 AM

WPFにはデザイン時のみ有効になるプロパティーがありました。べんり~。

<Window x:Class="WpfSapmle.MainWindow"
        xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
        xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
        xmlns:vm="clr-namespace:WpfSapmle"
        xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008" 
        xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006" 
        mc:Ignorable="d" d:DesignHeight="350" d:DesignWidth="525" d:DataContext="{d:DesignInstance Type=vm:ViewModel}"
        Title="{Binding Path=Title}" SizeToContent="WidthAndHeight" >
    <Grid>

    </Grid>
</Window>
d:DesignHeight  d:DesignWidth  d:DataContext ですね。特にデザイン時のDataContextは非常に楽。
広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。