泥庭

2010年11月4日

コード上でBindingを設定・取得する

Filed under: WPF — タグ: , , — yone64 @ 3:18 AM

例によって覚書

XAMLで書くと

<TextBox Height="24"  Width="120" Text="{Binding Path=Name}"/>

コードで書くと

//設定
Binding binding = new Binding("Name");
textBox1.SetBinding(TextBox.TextProperty, binding);

//BindingOperationsクラスでも可
BindingOperations.SetBinding(textBox1, TextBox.TextProperty, binding);

//取得
//コントロールから取得可能なのはBindingExpression
BindingExpression bindingExpresson = textBox1.GetBindingExpression(TextBox.TextProperty);
Binding binding2 = bindingExpresson.ParentBinding;

//BindingOperationsクラスでも可
binding2 = BindingOperat
広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。