泥庭

2011年1月19日

スリープからの復帰を検知する

Filed under: .NET — タグ: — yone64 @ 11:03 PM

OSがスリープから復帰すると、メモリ上のキャッシュが古くなってたり、各種接続プールが切断されてたりと、いろいろ問題が発生します。
そこで、OSがスリープ(休止状態も)から復帰したことをアプリケーションで検知する方法を探してみました。

ありました。

Microsoft.Win32 名前空間

SystemEvents.PowerModeChanged

ユーザーがシステムを中断または再開すると発生します。

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/microsoft.win32.systemevents.powermodechanged.aspx

使えそうです。

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。