泥庭

2014年4月30日

[Visual Studio Online]複数アカウントの所有者となる

Filed under: .NET, VisualStudio — タグ: , — yone64 @ 2:27 AM

※お断り
この方法はこのブログ記事を書いた時点での情報です。Visual Studio Onlineは非常に変化が激しいサービスなので、未来において動作・手法を保証するものではありません。

前置き

Visual Studion Online(旧Team Foundation Service)は、Microsoftアカウント(メールアドレス)さえあればインターネット上にTeam Foundation Server相当の機能を借りることができるサービスです。

image
Visual Studio Online のページで、Microsoftアカウントでサインインすることにより利用可能です。

image
Visual Studio Onlineのアカウントを所有していない場合、「無料アカウントを今すぐ作成」というリンクがあるのでここからアカウント(URL)を作成することができます。

image
ただし、すでにアカウントを所有している場合は、アカウント作成のリンクがないため追加できません。他のメニューからも追加できないようです。このインターフェースのため、通常1つのMicrosoftアカウントで所有可能なVisual Studio Onlineアカウントは一つだけとなってしまいます。

しかし、一つのVisual Studio Onlineアカウントですべてのチームプロジェクトを管理するにはふさわしくないケースが存在し、プロジェクトごとにアカウントを分けたいという場面にしばしば遭遇します。もちろんMicrosoftアカウントは無料でいくつでも作成できるので、Visual Studio Onlineアカウントが必要な数だけ、Microsoftアカウントを取得するという方法もありますが、それはそれで面倒です。

アカウントを複数所有する

結論から言うと、一つのMicrosoftアカウントで複数のVisual Studio Onlineアカウントを所有することは、下記画像の通り可能です。

image

どうやったかというと、Visual Studio Onlineでは、Account ownerの変更ができるので、これを利用します。

image

手順は以下の通り。

  1. Microsoftアカウントを2つ準備します。
  2. 片方のMicrosoftアカウント(以後アカウントAとします)で、Visual Studio Onlineのアカウントを作成します。
  3. もう片方のMicrosoftアカウント(以後アカウントBとします)を、Visual Studio Onlineのメンバーとして追加します。
  4. アカウントBに、Account ownerを移譲します。
  5. すると、最初のアカウントAでは、また別のVisual Studio Onlineアカウントが作成できるようになります。
  6. 2~5を繰り返すことにより、アカウントBに複数のVisual Studio Onlineアカウントを所有させることができます。

このような手順を踏むことで、いくつでも作成できるようです。(本当に制限がないかは未確認です。)

広告

2010年10月4日

TFSでコード分析を有効にするとビルドに失敗する

Filed under: 開発環境 — タグ: , — yone64 @ 6:56 AM

TFSでなぜだかコード分析が出来ないという状態に陥りました。コード分析を行うと必ずビルドエラーとなります。
image

ログを確認したところ赤太字にした箇所が原因っぽい。

  C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\Team Tools\Static Analysis Tools\FxCop\FxCopCmd.exe  /outputCulture:1041 /out:”bin\Debug\ConsoleApplication9.exe.CodeAnalysisLog.xml” /file:”C:\Builds\2\CodeTest\ConsoleApplication9\Binaries\ConsoleApplication9.exe” /reference:”C:\Program Files (x86)\Reference Assemblies\Microsoft\Framework\.NETFramework\v4.0\Profile\Client\Microsoft.CSharp.dll” /reference:”C:\Program Files (x86)\Reference Assemblies\Microsoft\Framework\.NETFramework\v4.0\Profile\Client\mscorlib.dll” /reference:”C:\Program Files (x86)\Reference Assemblies\Microsoft\Framework\.NETFramework\v4.0\Profile\Client\System.Core.dll” /reference:”C:\Program Files (x86)\Reference Assemblies\Microsoft\Framework\.NETFramework\v4.0\Profile\Client\System.Data.DataSetExtensions.dll” /reference:”C:\Program Files (x86)\Reference Assemblies\Microsoft\Framework\.NETFramework\v4.0\Profile\Client\System.Data.dll” /reference:”C:\Program Files (x86)\Reference Assemblies\Microsoft\Framework\.NETFramework\v4.0\Profile\Client\System.dll” /reference:”C:\Program Files (x86)\Reference Assemblies\Microsoft\Framework\.NETFramework\v4.0\Profile\Client\System.Xml.dll” /reference:”C:\Program Files (x86)\Reference Assemblies\Microsoft\Framework\.NETFramework\v4.0\Profile\Client\System.Xml.Linq.dll” /directory:”C:\Program Files (x86)\Reference Assemblies\Microsoft\Framework\.NETFramework\v4.0\Profile\Client” /ruleSet:”=MinimumRecommendedRules.ruleset” /rulesetdirectory:”C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\Team Tools\Static Analysis Tools\\Rule Sets” /rule:”-C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\Team Tools\Static Analysis Tools\FxCop\\Rules” /searchgac /ignoreinvalidtargets /forceoutput /successfile /ignoregeneratedcode /saveMessagesToReport:Active /timeout:120
  出力ファイルを開けませんでした: パス ‘C:\Builds\2\CodeTest\ConsoleApplication9\Sources\ConsoleApplication9\bin\Debug\ConsoleApplication9.exe.CodeAnalysisLog.xml’ の一部が見つかりませんでした。。
MSBUILD : error : コード分析出力レポートを読み取れません。ディレクトリが書き込み可能であることを確認してください (既定はプロジェクト出力ディレクトリです)。 [C:\Builds\2\CodeTest\ConsoleApplication9\Sources\ConsoleApplication9\ConsoleApplication9.csproj]
  コード分析が完了しました — エラー 1、警告 0

TFS上での作業にもかかわらず、bin\Debug上にログファイルを出力しようとしているようです。
そして、さらなる追跡調査の結果、プロジェクトファイルにCodeAnalysisLogFileが設定してあり、そこで、bin\Debugが記述されていることが判明しました。

<PropertyGroup Condition=”‘$(Configuration)|$(Platform)’ == ‘Debug|AnyCPU'”>
  <DebugSymbols>true</DebugSymbols>
  <OutputPath>bin\Debug\</OutputPath>
  <DefineConstants>DEBUG;TRACE</DefineConstants>
  <DebugType>full</DebugType>
  <PlatformTarget>AnyCPU</PlatformTarget>
  <CodeAnalysisLogFile>bin\Debug\ConsoleApplication9.exe.CodeAnalysisLog.xml</CodeAnalysisLogFile>
  <CodeAnalysisUseTypeNameInSuppression>true</CodeAnalysisUseTypeNameInSuppression>
  <CodeAnalysisModuleSuppressionsFile>GlobalSuppressions.cs</CodeAnalysisModuleSuppressionsFile>
  <ErrorReport>prompt</ErrorReport>
  <CodeAnalysisRuleSet>MinimumRecommendedRules.ruleset</CodeAnalysisRuleSet>
  <CodeAnalysisRuleSetDirectories>;C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\Team Tools\Static Analysis Tools\\Rule Sets</CodeAnalysisRuleSetDirectories>
  <CodeAnalysisIgnoreBuiltInRuleSets>true</CodeAnalysisIgnoreBuiltInRuleSets>
  <CodeAnalysisRuleDirectories>;C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\Team Tools\Static Analysis Tools\FxCop\\Rules</CodeAnalysisRuleDirectories>
  <CodeAnalysisIgnoreBuiltInRules>true</CodeAnalysisIgnoreBuiltInRules>
  <CodeAnalysisFailOnMissingRules>false</CodeAnalysisFailOnMissingRules>
</PropertyGroup>

その後、いろいろ試行錯誤していると、ソリューションプラットフォームのコピー時にCodeAnalysis関連の設定がプロジェクトファイルに書き込まれることを突き止めました。
かなりバグチックな動作。というわけで、初めてフィードバックをしてみました。フィードバックの書き方が難しい。
https://connect.microsoft.com/VisualStudioJapan/feedback/details/610160/

WordPress.com Blog.